読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのママ。とんかつパパ。

より自然に、よりシンプルに。かたよらず、こだわらず。流れるような人生に、ちょっとした小ネタを。

個人の恋愛に対して、他人が突っ込む権利は無い。(1)

日本人が生きづらいのは“ロリコン文化”のせい フランス人ジャーナリストが指摘する、日本の難点 - ウートピ

 

 タイトルの、"「ロリコン文化」のせい"というのはともかく、他人のライフスタイルを尊重する、お互いが自立した個人として認識する…という意識は、もう少し見習っても良いかと思います。

 

 以前投稿しました通り、私はベッキーちゃん擁護派です。*1 良いこと悪いことあるかもしれませんが、個人としての判断に他人がとやかく言うことは、まったくないわけです。なんの正義感なんだか知らないけど、つるし上げてリンチして…。もうすこし個人を認める(悪いことに目をつぶるのではなく、個人の判断を理解する)ことが必要なのではないですか?と。

 

 あと、この記事でも書いてますが、仕事まで奪ってしまう権利は、私たちには無いはずです。嫌悪感を抱くのは個人の事情。相手に「消えろ!」ってなぜ言えるのでしょうか?

 

 フランスも昔は保守的だったとのこと。日本も変わろうと思えば変われるはず。でも、頭が固い人がいなくなるまで(そして、その考え方を受け継いでしまった子供がいなくなるまで)変わらないのかな…と。

 

 まあ、父は頭が固かったですが、私はこういう風に考えるようになったので、一概には言えないかな。。

 

考えすぎない (アルファポリス文庫)

考えすぎない (アルファポリス文庫)

 
人を責めない生き方―他者も自分も許せる人は、やっぱり強い! (KAWADE夢新書)

人を責めない生き方―他者も自分も許せる人は、やっぱり強い! (KAWADE夢新書)