読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのママ。とんかつパパ。

より自然に、よりシンプルに。かたよらず、こだわらず。流れるような人生に、ちょっとした小ネタを。

滑らかなハブは、自分で作れる!

自転車

 納車してから、約500kmほど走りました。

 

 単車だと1000kmほど走ったらエンジンオイルを替える…というサイクルが来ます。それは、新品のエンジンはまだアタリが出ていないため、最初のころはシリンダー内でこすれて出た金属カスによってエンジンオイルが汚れやすいのです。そんな金属カスが入ったままのエンジンオイルを使っていると、シリンダーに傷が入ったりします。そこで早めにエンジンオイルを替えます。また、きれいなエンジンオイルを使うことで、シリンダーが滑らかになり、動きがよくなります。

 

 これを自転車で置き換えると、常に摩擦にさらされているところといえば、チェーン、カセット…と、そう、ハブですね。チェーンとカセットは表に見えているので、常にチェックするし、オイルも差しますよね。ではハブは? ふつうはあまり気にしませんよね。2~3年ほったらかしなんてふつう?

 

 最初の単車の例を踏まえると…、新車から乗り始めて最初のころにハブのメンテ、グリースの入れ替えをしたほうが良い…って感じ、しませんか? 実際、高価でないハブでも、ナジミが出てきたら滑らかになってくるそうですし。

 

 というわけで、ハブのメンテをしようか…と思います。そこでどんなグリースを使おうか…という話になりますが、先日投稿したナスカルブの姉妹品で、ナスカグリースというものがあるようです。

 

 これを使うしかない。(笑)

 

 ただ、これが20g入りで1000円か、400g入りで2000円って…。同じもので値段が10倍違うって原価がよくわかりませんが、とにかく400g入りがお得です。

 

 ジャバラ入りなので、グリースガンがいるかな。。 

 

item.rakuten.co.jp

porkcutletpapa.hateblo.jp