読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのママ。とんかつパパ。

より自然に、よりシンプルに。かたよらず、こだわらず。流れるような人生に、ちょっとした小ネタを。

ボタン電池の誤飲対策、一番簡単な方法

www3.nhk.or.jp

 ニュースになってますが、ボタン電池の誤飲、確かに危険ですよね。

 

 ボタン電池を使った器具が、電池が外れやすかったり、パッケージが開けやすかったりすると、乳幼児が誤飲する可能性はあるでしょう。「注意喚起の表示を」とか「開けにくい構造を」とか、対策案が挙がってますが、それらはすべて周りの大人がどうできるか…という対策です。乳幼児自身が誤飲しない対策にはなっていません。

 

 さあ、どうすればよいでしょう。実は答えは簡単です。

 

 

 苦い味付けをすればよい。(体に影響のない)

 

 

 これであれば、乳幼児がたとえ口に入れたとしても、自分で吐き出しますよね。都市ガスが本来は無臭だってしってますか?あれ、無臭だとガス漏れしててもわからないので、あえて臭い匂いを付けてるのです。気づくために。それと同じ理屈です。

 

 電池メーカーのかた、この方向の対策でお願いします。