ありのママ。とんかつパパ。

より自然に、よりシンプルに。かたよらず、こだわらず。流れるような人生に、ちょっとした小ネタを。

ママチャリが遅い理由

先日の記事のつづきです。

重たいほうが漕がなくてよいということは、ママチャリのほうが楽なのではないか?という疑問が残ってます。 これにはもう少し説明しなければならないことがあります。

自転車を進ませるときの抵抗ですが、重量mの自転車を時速vで走行させるときに必要な踏力をE1、その時の抵抗(空気抵抗、接地抵抗など)をEとするとき(式a)と、重さの増分をdm、踏力の増分をdE1aとするとき(式b)で、

 

\[ E = \frac{1}{2}mv^2+E_1 \tag{a} \]

\[ E_a = \frac{1}{2}(m+dm)v^2+(E_1a+dE_1a) \tag{b} \]

 

昨日の考察では

\[ E = E_a \tag{c} \]

とみなしていました。 

ママチャリであれば、空気抵抗は大きくなります。また、接地抵抗もタイヤが太い分大きくなります。なので実際は、

\[ E < E_a \tag{d} \]

 なわけです。

また踏力については、サドルの高さ、ハンドルの位置など、効率的に漕ぐ位置関係になっていないため、増えたEaを賄うだけの踏力が出せない状況になります。

なので、ママチャリはスピードが出しにくいのです。

 

ただ、そこは物理的な考察であって…、例えば競輪選手など、踏力が尋常じゃない場合は、増えたE_aなどもろともせず漕げるわけで、重さを生かして爆走しロード乗りをカモる…なんてこともあります。w

 

あとは、空気抵抗や接地抵抗の変化量が少なければ、重いほうが巡行がラク…となるので、例えば多少重いロードバイクは、平地であれば走りやすかったりするのです。ただ、その分加速は悪いので、俊敏な動きはできないですけどね。

 

軽いだけが正義じゃない…ということで、人それぞれ楽しみ方がある…ということで。

 

porkcutletpapa.hateblo.jp

 

 

自転車は重いほうが巡航するのがラク?!

 先日、ロードバイクの荷台に荷物を載せて巡航していました。その時なんだか巡行がラクな感じがしたので、ちょっと考察してみることにしました。考察の条件としては

 

  • 平地の一定速度の巡航

 

です。苦手な人は見ただけで拒否反応が出そうな数式が出てきますが、ご容赦を。

 

 重量mの自転車を時速vで走行させるときに必要な踏力をE1、その時の抵抗(空気抵抗、接地抵抗など)をEとするとき、お互いの力は釣り合うので

\[ E = \frac{1}{2}mv^2+E_1 \tag{a} \]

となります。時速vが等しい時、重さの増分をdm、踏力の増分をdE1とすると

\begin{align} E &= \frac{1}{2}(m+dm)v^2+(E_1+dE_1) \\ &= \frac{1}{2}mv^2 +\frac{1}{2} dm v^2 + E_1 + dE_1 \\ &= E + \frac{1}{2} dm v^2 + dE_1 \tag{b} \end{align}

移項すると、

\[ \frac{1}{2}dm v^2+ dE_1 = 0 \tag{c} \]

 

重さの増分dmがプラスになるとき(=重くなれば)、踏力の増分dE1はマイナスになる(=踏まなくてよくなる)ということ。すなわち、「平地を一定速度で巡行する場合」は、

「重量が増加すると踏力は少なくて済む」

ということです。

 

「え?」って思いますよね。

「じゃぁ、ママチャリのほうがラクなんじゃないの?」

っていう意見が出てきそうですが…。その辺の考察はまた今度。

 

最新ロードバイクメンテナンス入門 (コスミックムック)

最新ロードバイクメンテナンス入門 (コスミックムック)

 

 

自重筋トレ、続いてます。

今年の7月頃ですかね、ふと、昔に買った自重筋トレの本を開いたんですよね。 スイムにしろ、バイクにしろ、ランにしろ、体幹が弱いとフォームが崩れるので、基本的な筋トレから始めようと思ったのです。

 

ランニングを始めたとき、「ゆるく続ける」を心がけて始めた結果、うまく続けることに成功しました。なので今回も「辛すぎず、楽すぎず、飽きないように」をモットーに初めてみました。

 

週2~3回のトレーニングが望ましいとのことだったので、

  • 奇数日:プッシュアップ(ひざ立て、8回x3セット)、スクワット(8回x3セット)
  • 偶数日:クランチ(8回x3セット)、タオル・ラットプルダウン(8回x3セット)

で始めました。奇数日は腕(上半身)と脚(下半身)、偶数日は腹筋(前面)と背筋(後面)だとわかりやすいかと。(詳細は「自重筋トレ100の基本 (エイムック 2630)」)

 

ま~最初はできないできない。(笑) 終わるたびに、プルプルしてました。

 

それが1カ月ぐらいたったころ、それぞれ10回ずつできるようになりました。最初のプルプルもなくなりました。

 

そのころから、3日サイクルに変えてみました。

  • 1日目:奇数日メニュー
  • 2日目:偶数日メニュー
  • 3日目:アームカール、サイドレイズ、カーフレイズ…など

3日目は、腕周り、肩周り、足周りなどの小さい筋肉ですね。

 

このぐらいから、ちょっと面白くなってきました。胸筋や腹筋も少し見えるようにもなってきました。9月に入って、それぞれ12回ずつに増やしました。

 

これは続く流れになってきました。

 

正直言うと、やらない日(やれなかった日)もありますが、3日サイクルの中に、1日目、2日目のメニューは収めるようにしてます。小さい筋肉より大きい筋肉優先なので。

 

「辛すぎず、楽すぎず、飽きないように」

 

これからも続けることだけを意識して。

 

 

porkcutletpapa.hateblo.jp

porkcutletpapa.hateblo.jp

 

 

自重筋トレ100の基本 (エイムック 2630)

自重筋トレ100の基本 (エイムック 2630)

 
自重筋トレ100の基本 中上級編 (エイムック 3340)

自重筋トレ100の基本 中上級編 (エイムック 3340)

 
最高のカラダになる自重筋トレDVD BOOK (エイムック 3549)

最高のカラダになる自重筋トレDVD BOOK (エイムック 3549)

 
自重筋トレの教科書

自重筋トレの教科書

 

 

「ごゆっりどうぞ」

先日、昼を食べる時間が少なかったので、パパッと済ませようと、駅構内のカレー屋に入りました。乗る予定の電車の時間が迫っていましたが、店員さんは特にパッと動くことなくマイペース。そして注文の品を持ってきて

 

「ごゆっくりどうぞ」

 

ここで考えました。いや、ゆっくりしてる余裕はないんだ、早く食べて早く行きたいんだ…。って思い始めて、ふと、「いや、そうじゃなくて、ゆっくり昼食を食べる努力が必要なんじゃないか?」と気づきました。

 

食事ぐらいは、ゆっくり食べる余裕を作りたいですね。

 

太らない体質は食事がつくる

太らない体質は食事がつくる

 

 

 

野菜だけで完全な栄養バランスを整えることのほうが難しい

news.yahoo.co.jp

 

書き方がえげつない…のかな。「野菜の代わりにはならない」とバッサリ切ってしまってすごく気分が悪い。反論したくなります。

 

野菜350グラムは、「量」だけでなくその「質」が大切です。レタスを350グラム食べたとしても栄養的に十分ではありません。 

  →それを野菜ジュースで補うって書けばいいんじゃない?

 

ある野菜ジュースは、1本あたりのビタミンCが60~134ミリグラムとなっています。もしこれが最少量の60ミリグラムであった場合、「野菜の代わり」にするにはやや少ないのです。

 →特定の野菜ジュースだけ取り上げて、さらに「やや少ない」ぐらいだったら、野菜だけで摂ることだって難しいよね。んでビタミンCしか言及してないし。他の栄養素はどうなんだ?

 

「今一番おいしくて、栄養価があって、安い野菜」を350グラム選べばよいのです。

 →それが手間かからずできるんだったらやってるって

 

旬のカボチャを煮物やポタージュにしてたっぷりと食べれば、「野菜350グラム」のハードルはグッと下がりますね。

 →冬は毎日カボチャ食えってか。

 

野菜ジュースに頼る前に、まずは「野菜が取れない食生活」そのものを見直して、少しでも多くの「旬の野菜」を食べられるよう工夫することが大切だと思います。

 →最後にこのオチを持ってくるのではなく。最初これを言ってから説明したほうが納得すると思いますよ。最初っから「代わりにならない」なんてケンカ売ったら、イラッとした感情だけ引き起こして、読まないし。

 

 そういうところが分かってないんだな。

 とりあえず、僕は一日三食食べつつ、野菜ジュースを1本…という生活は続けますよ。

 

キャンベル V8 野菜ジュース 163ml×6個

キャンベル V8 野菜ジュース 163ml×6個

 
Campbells キャンベル V8 野菜ジュース 340ml 28本セット