読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのママ。とんかつパパ。

より自然に、よりシンプルに。かたよらず、こだわらず。流れるような人生に、ちょっとした小ネタを。

ワラーチで走る人への一般的な質問と、僕なりの回答

 先日、湘南国際マラソンをワラーチで完走したこと*1を周囲の人へ話をすると、質問攻めに遭います。フルマラソンを(ランニングシューズで)完走する人から見ても驚かれるので、マラソンに興味が無いひとからしたら、それこそツッコミ所満載なわけです。

 

 というわけで、今日はワラーチで走る人への一般的な質問と、僕なりの回答をまとめてみました。これからワラーチで走ってみたいと思っていながら、今一歩踏みとどまってる方にとって、ワラーチで走るイメージができればと思います。また、ワラーチで走ってる人にとっては、「ワラーチあるある」のように読んでもらえればと思います。

 

Q.マメとか靴擦れとかできないの?

A.フルマラソン程度ならできません。初めてワラーチで走った時もできませんでした。おそらく、自分の足に合わせて作るということと、カカト部分にも紐がまわってるので、力が分散されること…などが原因かと思います。また、そもそも、ソール部分しかないので、重さが軽いということもあると思います。

 

Q.足の裏とか痛くないの?

A.平らな道を走る分には痛くないです。荒れた路面を走るとダイレクトに伝わるので痛いです。トレイルを走るときは、木の根には足を乗せません。痛いです。あと、思わぬ痛さが来るのが、落ち葉で覆われた地面。見た目は落ち葉で覆われてるのでフカフカ…と気を緩めてると、その下に隠れた出っ張りを踏んで「ウギャーーーーー!」と。(笑)

 

Q.膝壊しそうだけど、大丈夫?

A.カカトから着地すると膝も壊れるでしょう。ワラーチで走るときは母子球のあたりから着地して、カカトはあまり地面に着けません。着地時の衝撃をふくらはぎや腿、腰…と体全体で分散して受けるので、膝のみに負担がかかることはありません。走り方が違うので、最初は慣れが必要ですが、そのうちそれが普通の走り方になります。

 

Q.寒くないの?(冬場) 

A.初めてのシーズンは寒かったです、痛かったです。(笑) ただ、それも慣れてしまえば普通です。むしろ、ガンガン走った後は足が熱く感じるぐらいです。足元が熱く感じるので、寒さに強くなります。

 

Q.それどこで売ってるの?

A.市販してるものもあります(ルナサンダル等)。私は自分で作ってます。靴底用のゴム(ビブラムシート)を東急ハンズや通販で購入し、あとは好きな紐で作ります。作り方はWEBにで掲載されている作り方を参照します。普段履きワラーチなどは、多少装飾などを加えて、野人っぽさを薄くしています。(笑)

 

Q.いくらぐらいするの?

A.ビブラムシートが1600円ぐらい、紐が両足分(4m程度)で400円ぐらいです。あと、固定用にボンドがあれば作りやすいです。

 

Q.それを使って走ると、何がいいの?

A.ランニングシューズで走ると、クッションがしっかりしてるので、どういう姿勢で走っても、ラクに走れてしまいます。逆に言うと、姿勢がいい加減なので、長距離(長時間)走ると、いい加減なところに負担がかかり体を壊す原因になります。ワラーチで走ると、頼るクッションがないので、その分、身体でなんとか解決しようと、姿勢からなにからすべて鍛えられます。その結果、怪我しにくい姿勢や筋肉が作られることになります。

 

Q.そこまでして、何が楽しいの?

A.鍛えるために頑張って練習してる…という意識は無いです。むしろアッパー素材が無い開放感が病み付きになって、ランニングシューズはもう履きたくない感覚です。普段から履きたいので、オフではほとんどコレです。見た目が野人すぎるので、妻には嫌がられますが。(笑)

 

 マラソンでタイム向上を狙うのも良いですが、こんな方向の楽しみ方でもいいんじゃいですかね。気持ち良いですよ。

山田 ビブラムシート 8338 黒 2枚入

山田 ビブラムシート 8338 黒 2枚入

 

 

porkcutletpapa.hateblo.jp

porkcutletpapa.hateblo.jp