読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのママ。とんかつパパ。

より自然に、よりシンプルに。かたよらず、こだわらず。流れるような人生に、ちょっとした小ネタを。

ワラーチとハードコンタクトの関連性

 12月の湘南国際マラソンに向けて、脚の出来が遅れてはいますが、少しずつ積み重ねています。ワラーチで走ってると、たまに太ももの裏が痛くなったりしますが、ちょっとペースを落とすと痛みは無くなります。…というふうな体の反応を思い返すと…。

 

「ハードコンタクトレンズに似てる」

 

ような気がしてきました。何を言いたいかというと、

 

 ハードコンタクトは、目にゴミが入るとかなり痛いです。痛みを感じることで、すぐにコンタクトを外したり目を洗ったりの対処を行います。すると、結果的には目に影響が出にくいのです。これがソフトコンタクトだと痛みを感じにくいので、気が付いたら目にキズがついていたりします。

 

 これと比較して、ワラーチ。。

 

 ワラーチは、へたな走り方すると、筋肉を傷めたりします。痛みを感じることで運動をやめてみたり、フォームを替えてみたり…の対処を行います。すると結果的には体を壊しにくいのです。これが靴を履いていると痛みを感じにくいので、気が付いたら体を壊したりします。

 

 どうです?似てません?(笑)

 

 注意点としては「痛みがあった時に、それを『危険信号』と認識して対処する」こと。一言で言えば、「痛かったらやめる」こと、「やれる範囲でやる」こと。

 

 体中に張り巡らされたセンサーを最大限活用すれば、故障は回避できる…んだと思います。

 

porkcutletpapa.hateblo.jp

porkcutletpapa.hateblo.jp

porkcutletpapa.hateblo.jp