読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのママ。とんかつパパ。

より自然に、よりシンプルに。かたよらず、こだわらず。流れるような人生に、ちょっとした小ネタを。

自転車をカスタマイズする

  「自転車をカスタマイズしたいのですが、なにから始めればよいですか?」という質問をwebで見かけました。

 

  一見、普通の質問に見えるかもしれませんが、かなり違和感がありました。これは、カスタマイズすることが目的になってるからですね。本来、カスタマイズすることは、何かを達成するための手段のはずなのですが。。たとえば

  • ヒルクライムに挑戦したいので、軽量化したい。
  • ロングライド向きに、楽な姿勢で乗れるようにしたい。
  • トライアスロン向きに、速く走れるようにしたい。
  • とにかく見た目をかっこよくしたい。(これも立派な目的)

という目的があって、それに見合ったカスタマイズ…となると思うのですが。。

 

 ちょっと言い方を変えると、

  • 英語を話せるようになりたいのですが、何から始めればよいですか?

であればわかります。これが、

  • 英語を勉強したい(≠話せるようになりたい)のですが、何から始めればよいですか?

と言ってるのと同じですね。

 

 まあ、それに対して丁寧に答えてる皆さんの回答の中で、一つ面白い製品を見つけました。ブレーキやシフトワイヤーのアウターに巻きつけて、トップチューブ周りの擦れによる傷つきを防ぐものです。

 

 冒頭の質問に対する回答としても、ちょうど良いと思いました。「なにかやりたい」⇒「とりあえずこのぐらいやってみれば?」。軽い感じでちょうどいいです。

 

 ってか、これはちょっと買いたくなってきましたよ。(笑)