読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのママ。とんかつパパ。

より自然に、よりシンプルに。かたよらず、こだわらず。流れるような人生に、ちょっとした小ネタを。

工具箱を作りたい…な

 自転車をこまめにメンテナンスするためには「いかに面倒な準備を無くすか」がキモだと思ってます。なので、道具がひとまとまりになっていることが大事だと思ってます。

 

 私は子供のころから自転車を自分で直していたりしたので、工具は少しずつ集めてきています。高校生のころは原付、大人になってから1000ccの単車もいじっていたので、一般的な家庭より工具は揃って*1います。

 

 ただ、今は自転車のメンテナンスがメインなので、27-24のメガネレンチ(以前は1000ccの単車のチェーン調整で使ってた)が入った工具箱を毎回持ち出さなくてもいいわけです。また、ケミカル類も普段使う数本持ち出せば済むわけです。それにウエスが何枚かあれば、事足ります。

 

 というわけで、「自転車メンテ用、1軍工具」「普段使いのケミカル」「ウエス」が一つにまとまって入る工具箱が欲しい…のです。それだけヒョイと持っていけばすぐメンテができる。ただ、ちょうどいい工具箱は無いのです。特にケミカルも細長いやつ(パーツクリーナー等)があるので、そんな都合がよいものは、世の中にありません。。

 

 仕方ない…、作るか。

 

 イメージ画がありませんが、想像してもらうに、

 

 昭和な自転車屋の親父さんが、いつも脇に置いてた工具箱

 

 です。(イメージ湧かないって?w)

 まあ、時間を見つけて作ってみます。

 

 

*1:別の機会に記事にしましょう。