読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのママ。とんかつパパ。

より自然に、よりシンプルに。かたよらず、こだわらず。流れるような人生に、ちょっとした小ネタを。

ロードバイクの乗り味

 2日目。いつものコース+ちょっとうろうろしてみました。今までとの比較…というのも、あまりに違いすぎるので難しいのですが、比較対象がそれしかないので、全然違うことはわかったうえで比較してみます。ちなみに、スペック概要は以下の通り。

旧バイク

 ・Jeepって書いてある、MTBルック車(クロスバイク風に改造)

 ・26inch-1.25/16kg/21段(F3段,R7段)/ハイテン鋼

新バイク

 ・Specialized tarmac sports

 ・27inch-25C/8kg(ぐらい?)/22段(F2段、R11段)/カーボン

 

平坦

 ターマックは、レーシングモデル…というか、ジオメトリ的に前傾がきつい形になるようです。ハンドルが遠く感じます。それが、平坦路だと投影面積の減少につながって、空気抵抗が少なくなります。平たく言うと、風があってもそこそこスピードが出るんですよね。今までの自転車と同じケイデンスでくるくる回してると、悪くても2~3km/h、良ければ5~6km/hぐらいスピードが上がります。

 

上り

 これは、明らかに違います。軽いんです、進むんです。今までの苦労が何だったんだ…というぐらい。(笑) 今までは、クロスバイクもどきだったので、16kgぐらいありました。今は…8kgぐらいかな。。もうそれだけで8kg減量。これに、本人(=私)が減量できれば、更に効きますね。(笑)

 

下り

 これもかなり違います。転がるスピードが速い。なめらかなんです。あとは空気抵抗の問題なので、前傾すればするほど、どんどんスピードが出ます。ただし、コントロールについては、まだ慣れていないのでおっかなびっくり…です。そのうち慣れてくるでしょう。

 

荒れた路面

 一番気にしていたのがこれです。カーボンフレームとはいえ、レーシングモデルの硬さってどうなんだろう…と。以前は26inch、今回は27inch。重さも全然違うので単純比較は難しいのですが、意外と硬くない感じです。言い換えると、今までより楽です。レーパン履いたら、もっと楽だろうな。w

 

 今日のところはこんな感じで。とりあえず、お尻が痛いです。レーパン買います。腰が痛いです。ストレッチします。(笑)

 

ロードバイク初・中級テクニック 改訂版 (エイムック 2120 BiCYCLE CLUB別冊)

ロードバイク初・中級テクニック 改訂版 (エイムック 2120 BiCYCLE CLUB別冊)