読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのママ。とんかつパパ。

より自然に、よりシンプルに。かたよらず、こだわらず。流れるような人生に、ちょっとした小ネタを。

ロードバイク購入へ(1.メーカー選定編)

 我が家の大蔵大臣の許可も下りたので(笑)、ロードバイク購入に向けて動き出します。*1

 まあ6年も拗らせてるので*2、なんとなく欲しいメーカーの欲しいモデルというのも、絞り込まれてはいます。大きな基準としては

 友人・知人が乗ってない自転車

がいいです。まあ、人と同じってのもなんかイヤなんでね。そうするとですね…結構消えちゃうんですよ、いろんなメーカーが。具体的には、

 GIANT、cannondele、ANCHOR(Bridgestone)、SCOTT

この辺りは消えます。w

残ってくるのが、

 Trek、felt、RIDLEY、PINARELLO、BMC、Cervelo、CEEPO…

あたりになってきます。

 

 予算との兼ね合いなのですが、こんなメーカーが候補です。

 CANYONは、ほんとビックリスペックですよ。フルカーボンでコンポが105フル装備で、15万円台ですよ! CANYONは販売店経由せず通販のみなので、基本的には自分でメンテできることが前提になるのですが、そこは6年(子供のころから通算すると、30年以上)で培った腕があるので特に心配はしてません。ただ…いろいろ調べていくとちょっと問題が。。

 コラム径が特殊(太い)

 ほとんどのメーカーが、1-1/8(オーバーサイズ)なところ、CANYONは1-1/4(スーパーオーバーサイズ)なのです。このサイズのコラムを使ってるのは、GIANTとCANYONぐらい。そうすると、交換したくなったとしても選択肢が異常に少ないのです。マニアックな自転車…としては申し分ないのですが、ちょっと選択肢からは落ちます。

 次に上がってくるのは

 これはロードバイクに興味を持った時から惚れてます。特にKAHRMAはかっこいい。滑らかなエアロ形状のフレームが素晴らしいです。ただ、後継モデルとして出てるのは、KRYON。う~ん、なんだか響きが微妙。。バイクとしてはいい感じなのですが、円安になってきたので微妙に高くなってきてるし。。

 あと最近一押しなのが、

 これは弱虫ペダルの影響ですね。私はガタイが大きいので、いわば「田所っち」キャラなんですよ。そう、肉弾頭。(笑) 彼が乗ってるのがスペシャなんですよね。そう思うとスペシャにも親近感が湧いてくるんですね。また、予算的にも良い感じのところのモデルがあるんです。

 いよいよ買うとなると、「いろいろ悩む楽しみもこれまでか」と、ちょっとさびしい気持ちにもなります。(笑)

 もう少し悩みます。

 

 

*1:これを機に、記事カテゴリーに「自転車」を加え、過去記事も整理しました。

*2:

porkcutletpapa.hateblo.jp