読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのママ。とんかつパパ。

より自然に、よりシンプルに。かたよらず、こだわらず。流れるような人生に、ちょっとした小ネタを。

スペイン語、小ネタ2。

 スペイン語は、名詞に性別を持つ言語です*1。まあ、名詞に性別があるってことが、日本語話者からすると感覚が分からないのですが…こればっかりは、慣れるしかないですね。

 ただ、男性名詞/女性名詞が全くバラバラか…というとそうでもないです。例えば、男性・女性が分かる場合

  • chico(少年)⇒男性名詞
  • chica(少女)⇒女性名詞

これは、単語の意味がそのまま文法上の性別と同じになります。

  • japonés(日本人男性)⇒男性名詞
  • japonesa(日本人女性)⇒女性名詞

同じ「日本人」を示すばあいでも、性別によって単語が異なります。

あと、一番わからないのが…無生物の性別。。

  • camino (道)⇒男性名詞
  • libro(本)⇒男性名詞
  • casa(家)⇒女性名詞
  • revista(雑誌)⇒女性名詞

なんでこういう性別なのか…は追及しないことにします。(笑)

ただ、どちらか判断するヒントはあって

  • ~o ⇒男性名詞
  • ~a ⇒女性名詞

 というパターンが一般的なんだそうです。例外もあるのですが。。

 まあ、この程度はまだ軽い話で…明日に続きます。

¡Hasta mañana!